照明の節電

オフィスビルの省エネ改修について

オフィスビルの設備は絶えずエネルギーを使用するものが多いため、省エネ性に優れた設備を導入することが有効です。 オフィスビルには、主に空調設備、換気設備、照明器具などの電気設備が備わっており、これらの設備の省エネ化を実施することで、毎日使用する電気エネルギーを抑え、二酸化炭素排出量の抑制や電気料金の削減など、企業と地球環境のどちらにとってもメリットのある効果を発揮する必要があります。オフィスビルの中で照明器具を従来の蛍光灯からLED照明に変える改修工事は、有効な省エネと認識されており、導入事例も増えています。 LED照明はイニシャルコストは従来の蛍光灯より高いですが、ランニングコストや更新する頻度が抑えられるため、長期的な省エネ効果と費用削減効果が期待できますが、蛍光灯よりも眩しい傾向にあるため、LED照明器具の配置やオフィスビルのレイアウトに適したタイプの照明器具を選定することが重要となります。

ビルの省エネに関しての知識

ビルの省エネに関しての知識では、特に色々な設備により電気や燃料などを節約していく運びとなっていて、それぞれにビルの設計を行う際に省エネの作りとして作り上げられる事となると、それだけでも随分と素晴らしい状況でビルが建てられている事となります。 最近では省エネとして取り入れる太陽光のパネルなどを屋上に設置しながら電気代を節約する事も十分に考えられる事となりますが、そこに関してもやはり導入の検討をしっかりと考えていかなければ、先行きが見えない状況でもあります。 ビルの省エネに関して考える事では、色々な人々の知恵がそこに詰まっている事から、夏は涼しく冬は暖かな作りとなれば、それだけでもビルの省エネとしては素晴らしいものとなります。