効果的な資金運用

信用取引とそのメリット

信用取引とは、主に株式投資で自分の資金や株式を担保にして投資を行うことです。証券会社からお金や株を借りて取引をすることになります。そのメリットとしてはまず、持っているお金や株式より以上の投資ができることです。たとえば30万円もっていたら最大3倍の90万まで取引ができます。このことを英語でテコのことであるレバレッジ効果といい、うまく相場の波にのれば3倍の利幅をとることができます。 また空売りをすることにより、下げ相場の時でも利幅をとることができます。証券会社から株を借り高い金額で売り、下がったところで買い戻すのですが、その差額が利益になります。 信用取引は上げ相場だけではなく下げ相場でも利益を得ることができますのでチャンスは2倍になるわけです。

注意しなければならない点について

信用取引にはまた気を付けるべきルールがあります。まず、6か月以内に返済の義務があります。また返済期間無期限の信用取引もありますが、お金や株券をかりているので、毎日その金利や貸し株料が発生します。 また相場のが大きな変動が起きた時は追い証が発生することがあります。 信用取引で持っている株が急に下がったときなど、担保にしている株や資金では足りなくなる時があります。その時に補償金が足りなくなると担保を新たに差し入れなければならなくなります。これができないときは証券会社は自動的に決済します。3倍のチャンスがあるということは3倍のリスクがあるということになります。持っている資金と状況に合わせて上手に利用していきましょう。